入会のご案内
看護師再就職支援セミナー
看護師募集
お知らせ
院内研修
セ・ラ・ヴィ

リハビリテーション科

リハビリテーション科の紹介

リハビリテーション科の紹介

障害を「害」とするのではなく、「その能力をどう生かし,残された機能をどう活かしていくか」そして「その人らしくどう生きていくか」といったことに焦点を置きながら、少しでもそのお手伝いが出来るよう、当院では以下のような専門職が関わっています。


理学療法

理学療法

理学療法士(Physical Therapy:PT)が行うリハビリテーションのことをいいます。

理学療法士は、病気や怪我などによって身体に不自由が生じた方またはその恐れがある方に対して、主として日常生活の基本となる動作(起き上がる・立つ・歩くなど)の練習や各種運動療法、治療体操などを行い、機能や能力障害の回復・維持・予防を図ります。

作業療法

作業療法

作業療法士(Occupational Therapist : OT)とは、身体・精神の障害により日々の生活に支障が生じてしまった方が、快適に自分らしく生きていけるようリハビリのお手伝いをするのが、作業療法士の仕事です。
作業療法は、手工芸や遊び・スポーツ、会話や食事など様々な「作業」を通して、障害がある方の生活向上のお手伝いをするリハビリ手法です。
生活の中に登場する全ての行動が「作業」として、作業療法に応用されます。

言語聴覚療法

言語聴覚療法

言語聴覚士(Speech Language Hearing Therapy:ST)が行うリハビリテーションのことをいいます。

言語聴覚士は、頭の病気(脳出血や脳梗塞など)や頭の怪我などで、脳の中のことばを操作するところに障害を受けた方(失語症)、舌などの動きが悪くてことばがはっきり話せない方(構音障害)、飲み込みに問題があってうまく食べられない方(嚥下障害)などに対して、検査を行い、治療・訓練、指導を行います。また、認知症・高次脳機能障害の方に対する認知リハビリテーションも行っています。

ページトップへ戻る