入会のご案内
看護師再就職支援セミナー
看護師募集
お知らせ
院内研修
セ・ラ・ヴィ

教育システム

目的

  1. 評価表を用いて評価することにより、自分のできること、できないことを明確にしさらなる向上につながる動機づけと教育サポートの基準とする
  2. 専門職としての人材育成とキャリア開発の方向付けを行うことで、自立した看護師への育成を目指し、院内全体の看護の質のレベルアップを図る

目的

指導を受けながら メンバーの役割を果たす


目的

自律して看護実践を安全、確実に提供できる


目的

チームリーダーとしての役割が果たせる


目的

コーディネーターとしての役割が果たせる


ページトップへ戻る

共済病院クリニカルラダー(臨床実践能力段階別到達目標)

  レベル1  
指導を受けながらメンバーの役割を果たす

  レベル2  
指導を受けながらメンバーの役割を果たす

  レベル3  
チームリーダーとしての 役割が果たせる。

  レベル4  
コーディネーターとしての 役割が果たせる。

看護実践能力

  レベル1  

  • 指導を受けながら基礎看護技術が安全、確実に実施できる
  • 指導を受けながら看護計画に沿った看護実践が出来る
  • 患者急変時は、指導を受けながら対応できる

  レベル2  

  • 自立して基本的看護技術が実践できる
  • 自立して看護計画に沿った看護実践が出来る
  • 緊急時、指示を受けて速やかに行動できる

  レベル3  

  • 理論的知識のもと、患者の個別性、
    予測性を考えた看護過程が展開できる
  • 患者の危機状況を瞬時に判断し、リーダーシップが取れる

  レベル4  

  • 看護実践において、
    新しい情報を取り入れ、創造性を発揮した看護が提供できる

役割遂行能力

  レベル1  

  • メンバーシップを理解し、業務が遂行できる
  • 組織を理解して、報告、連絡、相談ができる
  • 部署の目標達成のための活動に参加できる

  レベル2  

  • リーダーシップの概念を理解し、プリセプターの役割を担うことができる
  • 部署の目標達成にむけて、部署代表として主体的に行動できる 

  レベル3  

  • リーダーシップを発揮し、他部門との連携を図ることが出来る
  • 後輩育成の役割を担うことが出来る
  • 所属の委員会、会議の推進役となることが出来る

  レベル4  

  • 部署の目標設定に参画でき、目標達成に向けリーダーシップが発揮できる
  • 役割を担うスタッフの支援ができる
  • 組織の現状を認識し、所属内外の委員会や会議の推進役となることが出来る

倫理・社会性

組織人としての 服務規律の遂行と自律 尊厳及び権利の尊重

  レベル1  

  • 日本看護協会の「看護の倫理綱領」は看護師の行動指針であることを理解できる
  • 指導を受けながら規律を守り自覚を持った行動ができる
  • 患者の人権を尊重した行動が理解できる

      レベル2  

    • 看護における倫理的問題に気づき問題に対処できる
    • 服務規律に沿って行動でき、自立した行動ができる
    • 自己の感情に気づき、コントロールすることができる

        レベル3  

      • 倫理的問題への対応について教育的役割を果たすことが出来る
      • 服務規律に沿って勤務し後輩に教えることができる
      • 看護における倫理の重要性について理解でき指導できる

        レベル4  

      • 臨床場面での倫理的問題に直面した場合コーディネイトの役割を果たせる
      • 規律を守る勤務が出来、所属部署の規律保持のためのコーディネイトが出来る
      • 自己の立場と役割を理解し、院内外人々と良好な関係を保つことが出来る

      教育・研究

        レベル1  

      • 患者の看護に必要な専門的知識、技術の向上のため自主的に学習できる
      • 院内の研修、カンファレンスに参加できる
      • 日常の看護の中で疑問や、問題意識を持つことが出来る

          レベル2  

        • 院内外の研修を積極的に受けることが出来る 看護実践を通じて自分の看護観を表現できる
        • 日常の看護に問題意識を持ち、研究的視点を持つことが出来る
        • 後輩に対して原理原則に基づいた指導ができる

            レベル3  

          • 受けた研修を看護実践に生かし、常に自己の課題を見出すことができる
          • 看護研究の意義目的を理解できる
          • 専門知識や根拠に基づいて、後輩に指導ができる

              レベル4  

            • 院内外教育、研修に参加し自分の目指すキャリアアップに取り組むことが出来る
            • 看護実践を深めることが出来、自己の課題を明確にできる
            • 指導的立場で院内教育に主体的に取り組むことが出来る
              ページトップへ戻る

              新人看護師目標と教育方針

              共済病院”めざす看護師像“

              1. 状況に応じた適切な判断と行動ができる看護師
              2. お互い尊重し合い、あたたかい言葉と思いやりのある看護師
              3. 看護師としてキャリアを発展させ、後輩を育てることで自己成長できる看護師
              4. 患者中心のチーム医療の中でキーパーソンになれる看護師
              5. 医療人として、地域社会や病院経営に貢献できる看護師

              新人看護職員教育方針

              1. 職場環境への適応に向けて、リアリティショックや対人関係への対応について支援する。
              2. 基礎教育での既習内容と照らし合わせ、指導を受けながら安全な看護実践ができるように支援する。

              新人看護師の到達目標

              1. 日常の看護業務に必要な基礎知識・技術を習得し、安全・確実に実践できる。
              2. 職場に適応し、チームメンバーとしての役割・責任を果たすことができる。

              ページトップへ戻る

              新人看護職員研修

              I.集団研修

              看護部の理念、組織、機能 教育体制(・新人看護職員研修の概要・目標管理・看護協会研修のうけかた・eラーニング操作、活用方法)
              事務オリエンテーション (年休簿・旅行命令書・復命書等の書き方、服務規程・打刻の仕方 看護倫理、身だしなみ、接遇(・身だしなみ・看護師の倫理綱領・接遇) 医療安全(・医療安全管理体制・インシデントアクシデントリポート・安全確保の技術(患者誤認防止、転倒転落防止) 院内感染予防(・スタンダードプリコーション・針刺し事故防止・医療廃棄物の取り扱い) 災害・防災管理(・施設内の消火設備の場所、避難ルート) 看護記録(・フォーカスチャーティング 看護必要度) おむつの当て方

              II.技術講習

              皮下・筋肉注射 食事介助 体位変換 車いす移乗 経管栄養 無菌操作 吸引 経口与薬・口腔ケア 採血 静脈注射・点滴 輸液ポンプ シリンジポンプ 輸血 導尿 膀胱留置カテーテル 酸素療法 浣腸 摘便 胃瘻交換 PEG造設見学 死後の処置 褥瘡予防

              ページトップへ戻る