入会のご案内
看護師再就職支援セミナー
看護師募集
お知らせ
院内研修
セ・ラ・ヴィ

内視鏡検査について

内視鏡検査について


上部内視鏡検査について

上部内視鏡検査について

検査当日の朝食は摂らずに来院してください。検査直前に、口からの検査の場合、喉(のど)に麻酔ゼリーを含んでもらい喉の麻酔をします。鼻からの検査の場合、鼻腔にスプレー噴射と麻酔ゼリーを入れた後、細い管をいれて鼻腔を広げておきます。

検査は10分程度で終わります。潰瘍などがないかどうかを観察し、もし病変があったら、組織をとってさらに詳しい検査を行います。

検査後は、麻酔が1時間程度で切れますので、その後は普通に食事を摂ることができます。


大腸内視鏡検査について

検査の前日から準備が必要です。前日の食事は、腸にかすが残らないような食事をします(専用の食事セットを購入していただきます)。前夜に下剤を飲み、当日も朝から下剤の液体を飲んでいただき、午前中のうちに腸の中をすっかりきれいにします。その間、脱水にならないように水分を多く飲んでいただきます。

検査は午後(木曜日のみ)から行い、検査自体は10分~20分程度です。ポリープや癌がないかをよく観察します。必要があれば、組織をとって病理の検査を行います。

検査後の食事は少し軽めにしてもらいますが、それ以降は普通に食事ができます。

ページトップへ戻る