内視鏡検査について

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

主に食道、胃、十二指腸を調べる検査です。

検査当日の朝食は摂らずに来院してください。
検査前に、口からの検査の場合、喉(のど)に麻酔ゼリーを含んでもらい喉の麻酔をします。
鼻からの検査の場合、鼻腔にスプレー噴射と麻酔ゼリーを入れた後、細い管を入れて鼻腔を広げておきます。
検査は10分程度で終わります。
腫瘍などが無いかどうかを観察し、もし病変があったら、組織をとってさらに詳しい検査を行うことがあります。
また、至急に止血を要する病変が見つかった場合には、その場で内視鏡による止血術を追加することもあります。
鎮静法で検査した場合はお薬の影響が無くなるまで、院内で休憩して頂きます。
検査後は、麻酔が1時間程度で切れますので、その後は普通に食事を摂ることができます。


下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

主に大腸を調べる検査です。
大腸にある便を無くしてからの検査になりますので、検査当日は排便を促して大腸を洗浄する特殊な前処置液を、一定の時間おきに飲んで検査の準備をして頂きます。
腫瘍などが無いかどうかを観察し、もし病変があったら、組織をとってさらに詳しい検査を行うことがあります。
外来で治療が可能なポリープが発見された場合は、その場で治療することもできますので、ご希望の場合は予め担当の外来医師とご相談下さい。
また、至急に止血を要する病変が見つかった場合には、その場で内視鏡による止血術を追加することもあります。
検査後は普通に食事を摂ることができますが、ポリープをとった場合には食事や運動などに注意事項がありますので、説明を受けて下さい。

内視鏡検査について